where2.0でみつけた!運転が楽しくなる     位置情報SNS『WAZE』

 

毎日の通勤・通学、さらに渋滞もエンジョイできるように

なるかもしれない? 地図を自ら作っていける、という参加

できるゲーム性が楽しい《WAZE》である。

日本の地図は未完成? いま、いち早く参加すれば自分の

行動で地図が出来上がっていく醍醐味を味わうことができ

るかも。日本市場にあわせて、電車や自転車での移動によ

りポイントがたまるような仕組みがあれば、なお楽しい...。

 

 

WAZEロゴ.jpg 

 

毎日の通勤、通学が楽しくなる! ソーシャルナビゲー

ションサービスの《waze》。 スマートフォンにアプリ

ケーションをダウンロードし、運転する際はアプリを

立ち上げておくだけで、スマートフォンからアップロード

されるGPSの位置情報によって、渋滞に巻き込まれている

のかどうかを、ネット上のwazeのシステムが判断し教えて

くれるさらに渋滞情報を同じ地域にいる、または同じ方

向かって運転している、ほかのwazeのユーザーと情報

を共有することもできる。

WAZE.png 

《waze》の面白さは、車をパックマンキャラクターに仕立

て走る距離に応じてポイントが加算されていく、というゲー

ム性と地図を利用者たちが自ら創り上げていくことができる、

という参加型のナビゲーションサービスであることだ。

現時点ではポイントがたまったからと言って、なんら特典を

提供していないが、1万ポイント超える利用者も登場する

ほど、人気があるらしい

 近くにいる(道路上の)フェイスブック友人を探すこと

できたり、写真が共有できたり、ソーシャル+ゲームの面白

さが共存する。

*最近実施した、3DS任天堂オンザウェィではパックマン

替わりにマリオとキノコが登場。DSのデモを実施する全米

80の店舗にドライブしてたどり着くと、懸賞が当たる。

ユニークドライバー6.34%が店までドライブした。 スゴイ!

 

WAZEマリオ.jpg

タグ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sato.s136.coreserver.jp/mtos/mt-tb.cgi/28

コメントする




« where2.0 2011 レポート1 基調講演で語られたクライシス・マッピング・プロジェクト | ホーム | where2.0でみつけた!ローカル&ロイヤルティを強化した位置情報SNS 『Fwix』 »

お問い合わせ

サービス

このページの先頭へ