Jeepがスポンサー! wi-fiスポットが見つかるJiWire's Wi-Fi Finder

位置情報SNSのJiWire's Wi-Fi Finder のスポンサーになり、位置情報を活用したキャンペーンを実施したのはjeep社。 ジープ社は4×4のターゲットである、アウトゴーイングで、外に出かけるのが好きな、ターゲット層にむけての販促として、全米にあるwifiスポット31万5千か所が検索できる位置情報SNS"JiWire's Wi-Fi Finder"とタックルを組んだ。

そして、このキャンペーンの宣伝後、実際にAPPがダウンロードされた回数は、850万にも及んだという。キャンペーンの内容はいたってシンプル。スポンサーになったjeep社の広告が、APP画面に表示され、興味を持った人が広告をクリックすれば、車の詳細情報へとリンクされる仕組み。 

 このキャンペーンのコンセプトは、モバイルAPPのユーザー層プロファイルに目を付けた、という点。もともと位置情報APPを利用する人たちは、街に出かける"エクスプローラータイプ"と言えることから、"街に出かける"をキーワードに、出かけてほしい場所、出かける手段(交通手段)、出かけるときに必要な服や小物、出かけるときに便利な施設(高速道路のサービスエリアや車が駐車できるレストラン、駐車できるきれいな公共トイレ...etc)などにあたる企業は、JEEPのような販促展開も大いに考えられる。

 jeep wifi spot campaign.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

タグ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sato.s136.coreserver.jp/mtos/mt-tb.cgi/41

コメントする




« 位置情報、次にくるのは"屋内ナビゲーション"、ですね。 | ホーム | Coca-Cola 顔認識キオスク&Facebook キャンペーン »

お問い合わせ

サービス

このページの先頭へ