ソーシャルメディアの最近のブログ記事

たとえば、空港でチェックインするだけでマイルが増える!

 

ユナイテッドマイレッジプラスとコンチネンタル・ワンパスは、foursquareまたはfacebookで空港にチェックインすると、チェックインごとに50マイルがおらえ、さらに空港で、レストランやレンタカー、店舗からのお得な特典も入手できる、とのこと。すべての空港で、というわけではないようですが、少なくともトライする価値はありそうです。

さらに、メジャーなホテルチェーンでもfoursquareやfacebookでチェックインするだけで、ポイントが加算され、無料宿泊できるポイントをためることもできるTOPGUEST PATNERSも見逃せない。

TOPGUESTパートナーは、

・インターコンチネンタル、クラウンプラザ、またはホリデーインでチェックインするとプライオリティクラブでの50 points/日がもらえます。

・ヒルトン HHonorsでは、 Doubletree(ダブルツリー)ホテルにチェックインすると.50ポイント/日がもらえます。

・ベストウェスタンでは、北米にある同ホテルにチェックインすると、50 ポイント/日がもらえます。

・Quality Inn, Comfort Suites and Cambria Suitesにチェックインすると50ポイント/日がもらえます。

そのほか、Kimpton's program(キンプトンホテル)、ラスベガスの Caesar's ホテル、でもポイントがもらえるほか、レンタカーのAvisはUK のチェックインで割引き特典がもらえます。

http://www.topguest.com/

http://onepass.topguest.com/retailers

 

 

タグ

イベントにチェックインが楽しい!新デジタルサイネージ・アプリ

2011年夏、フォースクエアは、イベントにチェックインすることが出来る機能を追加した。「イベントにチェックイン?」というのは、たとえば、映画を観に映画館に向かい、映画館でチェックイン。そこで、その日にみる映画"世界侵略ロサンゼルス決戦"を入力し、自分がなんの映画を観ているのかを友人たちにも伝え、映画情報を友人と共有する、というもの。現在、米国ではイベントチェックインの企業パートナーとして、MovieTickets.com、SongKick、そして、ESPNが情報を提供している。そして、このイベントチェックインを、そのイベントに参加している、友人ではないがイベント体験を共有している人たちが共有して盛り上がることができる新しいデジタルサイネージが登場した。

ソーシャルメディア、ツイッターやフォースクエアのコンテンツをサイネージに表示するアプリケーションをサービス提供しているlocamoda社が新しく発表したのは"Here Now"。イベントにチェックインした人たちのアイコンが背景に映し出され、中心には"今、チェックイン"した人が大きく表示される。チェックインの総数やtips、メイヤーも表示できる。イベントの盛り上がりが、会場にいる人たちの熱気そのままに表示できる、楽しいサイネージ。キーワードは、「イマ」 NOW そして「ココ」 HERE、ソーシャルンディア+サイネージのリアルタイムコンテンツは使い道もいろいろ・・・。 

  Screen-shot locamoda foursquare fullscreen.pngのサムネイル画像 foursquare_example.jpg

タグ

foursquare Pageにあのホワイトハウス登場!

米国のオバマ大統領は、大統領選挙のときにもツイッター&デジタルサイネージをうまく活用して、支持者に支援を訴え成功しましたが、今度はfoursquareも活用を始めました・・・とのこと。オバマ大統領がどこを訪れているのか、どこで演説しているか、がわかります。セキュリティの問題もあるから、リアルタイムかどうか、は定かではありませんが。それにしても大胆なことをされますねー。ご興味のある方は、https://foursquare.com/whitehouse をフォローされてみてはいかがでしょう。

 

whitehousefoursquarepage.png

タグ

LivingSocial vs. Groupon いよいよ日本でも・・・?

International Business Times 2011年6月29日、面白い記事があった。"LivingSocial vs. Groupon: Which One to Use"。LivingSocialとは、Grouponと同様のクーポン共同購入サービスで、2007年からサービスをスタート、グルーポンに続いて米国第2位の人気である。 そのLivingSocialがそろそろ日本にも上陸するのでは、とうわさが流れているようですが、実際livingSocialのサイトにいくとアメリカの都市にまじってTokyoも選択できるようになっている。

さて、本題のLivingSocial vs. Grouponについては...こんな風に書かれていた。クーポンの割引率でこの2社を比較した場合は、圧倒的にグルーポンの方が割引率の高いクーポンが手に入るとか。リビングソーシャルのクーポンは50%オフというのが高割引率だけれど、グルーポンは50%からさらに80%オフのクーポンも提供されているそう。

では、実際にクーポンを使用した際の顧客体験については、というと、リビングソーシャルの方が評判が良い様子。2社を利用する利用者からのコメントによると、リビングソーシャルの方が、高品質で、選りすぐられたサービスや商品を提供している、という印象が強いそうである。

  

タグ

お問い合わせ

サービス

このページの先頭へ